• <source id="mkeco"><optgroup id="mkeco"></optgroup></source>
    <source id="mkeco"><optgroup id="mkeco"></optgroup></source>
    <source id="mkeco"><bdo id="mkeco"></bdo></source>
  • <acronym id="mkeco"></acronym>
  • <option id="mkeco"><bdo id="mkeco"></bdo></option>
    Waysについて
    Waysはバックライトモジュール、液晶モジュール、IML及びスマートグラス、空中ディスプレイ等の新型ディスプレイ、金屬部品及びOA機器ゴム製品の研究開発、生産と販売に専念し、2003年の設立以來、Waysは既に世界の車載バックライトモジュール分野をリードする企業の一つになり、日本、東莞、香港、重慶等に子會社を設立しました。
    グループ企業情報
    • 昆山Ways

      昆山Waysは車載ディスプレイ用バックライト、モジュール全貼り合わせ、スマートグラス及び空中ディスプレイを生産する日系企業です。2005年にバックライトの生産を開始、2009年に車載ディスプレイ分野に進出し、新型車載タッチディスプレイ製品を絶えず開発しています。2011年にモジュールの全貼り合わせ業務を開始し、既に10年以上の車載生産経験があります。顧客層は中國、日本、歐米のハイエンド顧客を主としています。技術、品質などの面でお客様の信用を得ております。

    • 東莞Ways

      東莞WaysはWays Electron Co., Ltd.傘下にあり、バックライト、プレス、射出成形、モジュール、ゴム成形、IML製品を生産しております。1994年にOA機器のプレス製品、1998年にOA関連の射出成形製品、2000年に複寫機関連のゴム製品、2003年に攜帯電話、車載バックライト、2017年に車載関連のIML製品、2020年にデジタルカメラのモジュール部品の生産を開始しました。顧客層の95%以上は日系のお客様です。

    • 日本Ways

      WAYS株式會社の前身であるワタナベパーツセンター有限會社は1983年4月に設立され、2009年5月にWAYS株式會社に社名を変更しました。會社の主な業務は子會社東莞Ways科學技術有限會社のゴム製品を日本の顧客に渡し、ゴム製品の検査/分析などの業務を行い、各お客様に出荷しております。また、日本拠點として名古屋、西日本(大阪)、鳥取、広島に営業、カスタマーサービス、設計拠點を設けております。同時に日本の液晶メーカー/車載T 1メーカーに対して車載、民生用バックライト、IML業務などの営業活動を行っております。ゴム製品については、山梨営業拠點を各OA機器メーカーに展開しております。

    昆山Ways

    昆山Waysは車載ディスプレイ用バックライト、モジュール全貼り合わせ、スマートグラス及び空中ディスプレイを生産する日系企業です。2005年にバックライトの生産を開始、2009年に車載ディスプレイ分野に進出し、新型車載タッチディスプレイ製品を絶えず開発しています。2011年にモジュールの全貼り合わせ業務を開始し、既に10年以上の車載生産経験があります。顧客層は中國、日本、歐米のハイエンド顧客を主としています。技術、品質などの面でお客様の信用を得ております。

    東莞Ways

    東莞WaysはWays Electron Co., Ltd.傘下にあり、バックライト、プレス、射出成形、モジュール、ゴム成形、IML製品を生産しております。1994年にOA機器のプレス製品、1998年にOA関連の射出成形製品、2000年に複寫機関連のゴム製品、2003年に攜帯電話、車載バックライト、2017年に車載関連のIML製品、2020年にデジタルカメラのモジュール部品の生産を開始しました。顧客層の95%以上は日系のお客様です。

    日本Ways

    WAYS株式會社の前身であるワタナベパーツセンター有限會社は1983年4月に設立され、2009年5月にWAYS株式會社に社名を変更しました。會社の主な業務は子會社東莞Ways科學技術有限會社のゴム製品を日本の顧客に渡し、ゴム製品の検査/分析などの業務を行い、各お客様に出荷しております。また、日本拠點として名古屋、西日本(大阪)、鳥取、広島に営業、カスタマーサービス、設計拠點を設けております。同時に日本の液晶メーカー/車載T 1メーカーに対して車載、民生用バックライト、IML業務などの営業活動を行っております。ゴム製品については、山梨営業拠點を各OA機器メーカーに展開しております。

    沿革
  • 2003
    2003

    2003年09月第一工場設立

  • 2004
    2004

    2004年03月プレス、モールドの量産

  • 2005
    2005

    12月  ゴム部門設立、ゴム部品製造、組立開始

    05月  小型BL部門設立、組立生産開始

  • 2006
    2006

    12月  TP製造部門設立、生産開始

    10月  SMT部門設立、部品量産

    03月  第二工場設立

  • 2007
    2007

    2007年04月  第二工場操業開始、中型バックライト部品量産

  • 2009
    2009

    2009年10月  オムロンプレシジョンテクノロジー株式會社よりゴム事業を譲渡

  • 2011
    2011

    2011年06月    モジュールデバイス事業室設立、組立量産開始

  • 2015
    2015

    2015年10月    自動車IML部品の設計と研究開発に投入

  • 2017
    2017

    2017年06月二期工場建設開始

    2017年10月自動車IML部品量産

  • 2018
    2018

    2018年07月  社名を昆山偉時電子有限公司から偉時電子股份有限公司(Ways Electron Co., Ltd.)に変更した。

  • 2019
    2019

    2019年02月二期工場操業開始

    2019年07月車載ディスプレイIML+OCR貼り合わせ量産

  • 2020
    2020

    2020年09月  上海証券取引所A株上場(株式コード605218)

  • 2021
    2021

    2021年01月 高輝度局部點燈バックライトに取り組む

    2021年10月 安徽省東超科學技術有限公司に投資

    2021年10月 重慶偉時光電科學技術有限公司に投資

    2021年11月 Mini LEDパッケージライン導入


  • 表彰
    経営基本方針
    • ビジョン

      私たちは良質で個性的な基盤を提供し、誠実で効率的な経営をユーザー、株主、従業員、社會、その他のパートナーとして価値を創造することに力を入れています。

    • 社訓

      即斷即決、有言実行 

       歩きながら考える

    製品?ソリューション
    多量化、多様化、大型化、
    2015
    寸法:3.5~6インチ
    2016
    寸法:4.8~7インチ
    2017
    寸法:7~10インチ
    2018
    寸法:8~12.3インチ
    2019
    寸法:8~24.6インチ
    2020年から現在まで
    寸法:8~46インチ
    社會的取り組み
    • 公共の利益
      公共の利益
      2021年「偉時電子」奨學金授與式
    • 環境理念
      環境理念
      偉時電子は今の世代と次の世代のために、環境保全に取り組みつつ企業としての競爭力を強化していきます。
    當社の様子